Foto Anthem

Anthem for myself, my family, and every photo-lovers

春を感じて想いは浮き立ち、そして素うどんに立ち戻る

立春を過ぎて、暦通りに日中の日向はポカポカです。

木々の芽吹きも目立ち春が近づいている事を感じます。

週末は晩秋に天敵がいなくなった頃を見計らって増殖したカイガラムシにやられてしまっていた山椒をバつんバつんと剪定しました。この気候だと、もうぎりぎりのタイミングですね。

剪定後は木肌や枝の付け根は念入りに歯ブラシでブラッシング。

上土もカイガラムシ活動開始までに交換予定です。

NEX-5R / PZ 16-50mm

ついでに隣の金柑も軽く剪定と果実の収穫。

何も食べ物が無くなったカイガラムシが、ポチポチ山椒から移住していました。

常緑の金柑には天敵スカベンジャー(各種蜘蛛くん)が常駐しているので大きく増える事はないのですがこれから要注意ですね。実の付け根にくっついて甘い汁を吸っております。伐採時には蜘蛛くんを捨てないように注意します。

NEX-5R / PZ 16-50mm

だいぶ収穫しましたが、食べきれるかな?

さて、本日のブログタイトルですが、春が近づくとやはり「SPRING」ですので色々と眠っていた構想(欲望)がもたげて来ます。はい、写真機の事です。特に、かの国の写真機とレンズですね。Mマウントや付随するLマウント/Sマウントはセクシーなレンズが実に多い。

暇さえあれば「ほーっ」、「ほほーっ」、「へーっ!」と驚いたり喜んだり皮算用したりしていましたが、結局、巡り巡って、疲れて、最後は胸焼けがして、「味噌汁が飲みてーっ」という心境に現在立ち戻って参りました。無事、生還できた訳です。

という訳で味噌汁というか素うどんという事で、今日の写真はSONY NEX-5Rです。

思い起こせば、なんだかんだ色んな写真を撮っていたのってこのNEX-5RかNikon1 V1なんですよ。欠点ありますが良いカメラですよ。素うどん的カメラとして。

どうにも気にいらない安っぽい外装の質感も、先日レザーケースを付けたところ、一気に気にならなくなりました。

間違えてNEX-5N用のケースを入手してしまいました。ちょっとフィット感は落ちますが、保護ケースとして十分機能しますし、握った感じも気持ちが入ります。

似て非なるNEX-5NNEX-5Rとの違いが要注意だってことも知っていたはずなのに、月日が経ってすっかり忘却してしまっておりした。久しぶりに懐かしい場所に帰って来た気持ち。専用のケースはいずれeBayあたりで。

標準ズームのPZ 16-50mmも眠い写りが気に入らなくて殆ど使っていませんでしたが、使い方によっては悪くないかも、という気持ちです。以前に比べ、tolerantになった自分がいます。

NEX-5R / PZ 16-50mm

まあ、拡大して見ない方が良いレンズではありますが。

 

NEX-5R、色んなものを撮りましたね。

NEX-5R / PZ 16-50mm

NEX-5R / SIGMA ART DC 30mm

NEX-5R / SIGMA ART DC 30mm

NEX-5R / PHOTEX 50mm F2 Shift&Tilt

とか振り返ってると、「これでもいいかも」となりましたw!。

EVFないのが不便ですが、NEX-5RのフォーカスピーキングはPENTAX K-01やQ7の洗礼をうけた後ですと、神とも言える見やすさです。外付けEVFは購入をためらうデザインですし。

AマウントもMFでよければ全然問題なし。LA-EA5は準備してもα-6600がクリック出来ない自分。その後、更に諸国を巡り巡って、結局、胸焼けして素うどん食べたくなって家に舞い戻った次第です。

Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIs :ビンテージでも写りは最新三代目

前回の写真散歩で使った 初代の Voigtlander ULTRON 40mm F2 SLですが絞り開放付近のフワフワ感が「Aspherical?」という感じでしたので、気になっていました。

foto-anthem.hatenablog.com

実は現在、同じスペックで三代目の「ULTRON 40mm F2 SL IIs」なるレンズがCOSINAから販売されています。

www.cosina.co.jp

このレンズ、意匠はまんま1960~70年頃のAuto Nikkorです。ローレット部分にゴム材が採用される前の、総金属製の旧き良き時代のものですね。

www.nikon-image.com

COSINAがNikonに意匠使用料を払っているのか気になるところです。完コピですのでw。40mm以外にも当時の高性能標準レンズの定番焦点距離58mm、あと90mmと28mmのラインナップがあります。これでもし最後に135mmくらいの望遠を出してもらえれば感涙ものです。

さて、自分もNikon Df用にこのCOSINAレンズ一本は欲しいと思っておりましたが、50mm、100mmの焦点距離は当時物の状態の良いAuto Nikkorを持っておりますので、COSINAのラインナップからは、小型で寄れる、ULTRON 40mmを選んで購入しておりました。

意外とほんわか写りだった初代 M42マウントのULTRON 40mm F2 SLと比べてみたくなり、本日Dfに装着して持ち出すことにしました。

ごらんの通り、まんまNikkorです。当然、シルバーリムモデルを選びました。「VOIGTLANDER」の刻印よりも「NIPPON KOUGAKU」の刻印が似合いそうですね。

フードは手頃なNikon純正が例によって行方不明だったので何かビンテージレンズ用のアルミフードを装着。ちょっとNikkorらしさが弱まりますね。やっぱりこのデザインには光沢ブラックのフードが似合います。

焦点距離40mmなので、Canonの40mmパンケーキ用のフジツボ型フードを着けてみました。これも似合いますね。でもケラレが生じて使えませんでした。残念。

実はDf は発売時に実物を見て、質感に失望して買わなかったのですが、Nikonが一眼レフを事実上撤退するタイミングで、Nikonで唯一無二となるスチームパンク一眼レフになる事がわかりましたので入手しました。

パーツや素材をFUJIFILMのビンテージラインくらいにこだわれば、たとえ売れなくても歴史に残る名機になったのになと改めて感じますが、いずれにしてもDfを世に出した後藤氏は凄い方だと思います。Zマウントだと、たとえどんなに似せても「・・風」モデルになりますので。

シャッター音もPENTAX K-1とはまた違った官能を感じさせるもので、何回でもシャッターを切りたくなります。

 

作例:

さて、作例です。

Df / ULTRON 40mm F2 SL IIs

絞り開放(F2)。ある程度、予想はしていましたが、全く破綻ないですね。初代の開放フワフワとは一線を画します。けれどもあの初代の、絞りによって激変する描写もいかにもビンテージレンズで個性だととらえています。逆に言うと、この三代目は良い子優等生。

Df / ULTRON 40mm F2 SL IIs

絞り開放続きます。自分、基本開放ばかです。

Df / ULTRON 40mm F2 SL IIs

まあハーフサイズのK-01とフルサイズのDfの違いもあるとは思いますが、絞り開放でも合焦部がきちんと解像していて驚きます。安心して撮影出来ますね。Dfのフォーカスエイドも使い易いです。

Df / ULTRON 40mm F2 SL IIs

最短撮影距離が25cmなので結構寄れます、さすがにマクロ域だと絞り開放だと周りがボヤッとなってきます。

Df / ULTRON 40mm F2 SL IIs

これは作画を考えて少し絞ってF2.8。今日は日向は暖かかったな。

Df / ULTRON 40mm F2 SL IIs

なんと、桜の蕾が開いてきていました!と言っても、これは2月に咲き始める「寒桜」。でも立春の日の今日らしい風景でした。これから段々と春を感じる風景が増えてくると思います。Bokeh、ちょっとカタいかな?

Df / ULTRON 40mm F2 SL IIs

Dfが凄いのか、ULTRONが凄いのか、あまり絞り込んでいないのに良く写っていると思います。

Df / ULTRON 40mm F2 SL IIs

夫婦のように寄り添い重なるケヤキ。良いね。

Df / ULTRON 40mm F2 SL IIs

F4くらい。Bokehがちょっとうるさめかなと感じます。

 

ある程度予想はしていましたが、フィルム時代の初代と現行の三代目、特に開放付近でだいぶ違う描写と感じました。こちら三代目は如何にも現代のレンズ。高画素のデジタルカメラで使用される事を前提に設計されているようですね。どちらも外観含めて個性的なレンズなので、これからも使い続けたいです。初代も一度K-1で使ってみるかな。

 

簡単美味しい!大豆じゃこ飯

我が家ではおやつに煎り大豆を良く買います。

ある日大豆をポリポリしながら、ふと煎り大豆のパッケージに目を落とすと「大豆じゃこ飯」なるレシピが裏面に印刷してありました。

めちゃ簡単なレシピなので早速作ってみたら、なんだか懐かしの味が口中に広がるじゃありませんか!具材をアレンジして色々と応用も効きそうだし、これは定番レシピになりそうです。

 

材料:

お米:3.5合(白米:玄米=6:4くらい)これは我が家のお米配合なので、玄米好きでない場合はもちろん白米100%で構いません。

煎り大豆:85g

ちりめんじゃこ:28g(分量はお好みで。好きな人はもっと増やしても良いかも)

お酒:大さじ1.7位

醤油:大さじ1.7位

 

手順:

①玄米をサッと水で洗い、2時以上先に水に浸しておく

②白米を水で研ぎ、水に浸していた玄米を合わせて、通常の炊飯分量に水位に合わせて30分程度置く

③お米の浸しが終わったら、酒と醤油、じゃこと大豆を加えてまぜる

④通常の炊飯と同じ火加減で炊飯する。

⑤炊き終わったら蒸らし時間をおいて、盛り付ける。

海苔をまぶすとまた一段と風味が良くなります。

 

おせち料理のレシピを想い返す:最終日は栗きんとん。

2023年初月締めのおせち料理レシピ振り返り、今日が最終日です。

最後のレシピは、老若男女みんな大好き栗きんとん。これもおせちならではの一品ですね。

材料:

さつまいも(鳴門金時):小さめ4本くらい

栗の甘露煮:明治屋の大き目瓶詰1本分

栗の甘露煮の蜜:半量くらい

砂糖:150gくらい

くちなしの実:3個

みりん:大さじ2

塩:小さじ1/2

 

金柑の甘露煮同様、分量をメモっていなかったので分量はひと月前のあいまいな記憶。

作った後は憶えていたのですが…。記録って大事ですね。

 

手順:

①さつまいもの皮をむき適当な厚さに輪切りする。直ぐに水にさらして、水が透明になるまで2~3回取り換える。

②中火にかけ、下茹でする。沸騰したら火を止め、ザルにあげる。

③さつまいもを下茹でている間に、色付けのくちなしの準備をする。くちなしの実を包丁のはらでグッと押してパカッと割る。

割ったクチナシをお茶用の紙パックに入れる。(煮ていると種がこぼれてくるので、後で二重にくるみました)

③鍋に水、さつまいも、水を入れてち中火にかける。沸騰したら火を弱めてゆで続ける。

竹串が「スッ」と通るくらいまで茹でる。
④茹で上がったさつまいもを温かいうちに手早く網かごとシャモジで裏ごししていく。

裏ごし器がある場合はその方が良いですが、網かごでやる場合は底部に少し足があるタイプが底部が浮いて濾しやすいと思います。

⑤裏ごし完了!慣れないので結構大変でした。芯が残っていると濾しにくい。

⑥裏ごししたさつまいもと砂糖全量を鍋に入れ、弱火で焦がさないように温めながら練る。硬くて混ぜにくい場合は適当に甘露煮の蜜、少量のお湯を加えながら練る。途中で塩とみりんを加えて、なめらかになるまで練り上げる。これも思った以上に力要りました。

⑦最後に栗の甘露煮を加え、混ぜながら温め、温かいうちに保存用の器に移す。

 

感想:

鳴門金時に栗、蜜、砂糖を練り上げたものですから、基本、どう作っても美味しい!

ですが、芋の種類、砂糖の種類、練り方、等、なかなか奥深いのも事実です。

何年も作ってもらっていた我が家の栗きんとんと何かが違うな~と思って、今回参考にしたレシピを見返すと、「素朴な」という文言が…。確かに素朴な食感です(ねっとり感が少ない)。

もしやと思って妻のレシピ本を紐解くと、やはり練り方が違っておりました。あと、安納芋も使っていたようで、かなりねっとりと練り上げられた栗きんとんだったのです。

今回の素朴バージョンももちろん美味しいのですが、反省点として、今年の年の瀬は安納芋も混ぜて、最初からお湯を加えながら混ぜ、甘露煮蜜は全量使って、意外と色の出なかったくちなしは本数を増やして、といった改良を加えて作りたいと思います。

おせち料理のレシピを想い返す:箸休めなのに主役級、黒豆

昨日の金柑甘露煮に続き、2023年初月のブログの締めとして初おせちチャレンジのレシピを振り返ります。

foto-anthem.hatenablog.com

本日は「黒豆」です。箸休めなんですが、これが無いともうおせち料理とは言えない主役級の一品です。

今回自分で作り、意外と手間のかかる料理だった事を知りました。今更ですが知らなかった事を反省です。

foto-anthem.hatenablog.com

 

材料:

黒大豆(大粒):200g

水:1200cc

三温糖:160g(甘さ控えめ分量)

醤油:10cc

塩:小さじ1+1/3

 

手順:

①黒大豆を水で洗い、ざるに上げる

②黒豆と水1200ccを鍋に入れ強火にかけ、沸騰したら調味料全部を入れてそのまま 5時間位浸け置く

③5時間経ったら再度中火にかけ、沸騰前に火を弱めて泡(アク)をとり、差し水1/2カップくらいを足して煮立てる。出てくる泡(アク)はとる。もう一度1/2カップ差し水し繰り返す。

④落とし蓋をしたうえで鍋蓋でふたをし、吹きこぼれないようにごく弱火で5~6時間くらい煮る。この間、蓋はとらない。

煮汁が常にひたひたになるように、水面が落とし蓋より下がりそうな時は足し水する。豆を水面から覗かせない事が豆にシワをいかせないコツです。

⑤火を止めてから更に一昼夜寝かせて、味を豆に良く含ませる。

 

少なくとも2日、場合によっては3日、調理に時間が必要です。

器に盛り付けた後、金箔など載せるとお目出た感がでて良いです。

200gの黒豆、意外と量があって食べきれるか心配でしたが、美味しくてパクパク食べると三賀日できっちりと無くなりました。

 

反省点:

あまりないです。煮汁にさび釘は入れていませんでしたが綺麗につやつや、良い食感に仕上がりましたし。この歳まで、2日も3日もかかる料理と知らなかった自分が反省点です。

おせち料理のレシピを想い返す:金柑甘露煮

あたふたしている間に、はや1月も終わりですよ!

2023年初月のブログの締めとして、初挑戦だったおせち料理のレシピと反省点を記録しておきます。何故か自分が写真で記録を収めていたのは箸休め系の甘味ばかりでしたけれども。

foto-anthem.hatenablog.com

まあ甘味以外は、焼き物にしろ煮物にしろ和え物にしろ、普段の料理の延長上ですからね。伊達巻きだけはそうじゃなかったのですが、調理するのに必死だったので💦写真はすっかり撮り忘れてましたよ。家族の評判は良かったですが。

という事で本日の記録は、箸休めの一品、金柑の甘露煮です。

作った直後は各分量も記憶していたのですが、記録しないうちにひと月も経つとさすがに分量は記憶の靄の中に潜んでしまいました。なので分量は大体ですw。

材料:

金柑(お庭で収穫):400gくらい

砂糖:150~200gくらい

水:300mlくらい

 

手順:

①金柑をざっと洗い、6か所程度、縦に包丁で切れ目を入れる。

味の染みを良くするためです。

②鍋に金柑と水を入れて温め、沸いたら火を弱めて10分ほど灰汁を取りながらゆでる。

③砂糖を加え、更に弱火で5~10分ほどゆでる。

④仕上げに、コク出しの醤油をひと回しする

⑤熱いうちに清潔な容器に移し、冷えたら冷蔵保存する

以上。

 

感想と反省点

兎に角、「うんまっ!」。強めの酸味と柑橘フレーバーが最高ですね。これは和のマーマレード。今日最後の粒を食べたけど、冷蔵庫で約一か月、全然日持ちしますね。

反省点①

今回ネット検索でレシピの参考にしたのですが、このレシピは水の量が多すぎます。結局捨てちゃいますからもったいない。もっとトローっとした、いかにもの感じに甘露煮を仕上げたいところです。水は半分くらいでもよいと思うので、次回レシピはそうする。

反省点②

食する時にやはり種が邪魔ですね。そういえば、かって作ってもらっていた金柑甘露煮は種が無かった事を思い出しました。少し下ごしらえが手間ですが、次回は割面を入れた後に種を除こうと思います。

年末に相当収穫したんですが、庭の金柑まだまだ実ってますので、近々第二弾作ってみたいと思います。

Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL:フードこそ存在意義

PENTAX SP にTakumar以外のM42レンズを使いたくて手に入れていたCOSINAの Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL 。バヨネット装着する専用のフジツボ型フードが素敵です。こんなに凝った造りのフードってこの現在、世界のどこのメーカーのレンズでも無いですね。旧き良き写真機黄金時代が作り出したレンズの一つと思っています。

お気に入りの K-01 の「私は何も急ぎません」的なほんわかデザインにこの口をパカッと大きく開けたような ULTRON 40mmのフードがとても似合っています。

K-01ってめちゃ使いにくいカメラなんですが好きなんですよね。かぶき者のRICOHイメージングならではのデザインに全振りしたカメラです。

このレンズ、PENTAX K マウントではなくスクリュー式のM42マウントなんですが、M42マウントレンズのKマウント装着には相性の問題がありまして、このレンズは一工夫が必要なのですが、マニアックな内容なので割愛しますw。

ULTRON 40mm、定石通りのダブルガウスタイプですがこの短い筐体に収めるためでしょうか、銘板に「ASPHERICAL」と赤文字記載があるように、非球面レンズを使っているようです。各種マウント用が製造されていましたが電子接点は無く、M42スクリューマウント用も用意されていたという事はデジタル化前の時代のレンズと思われます。それなりに旧いレンズのため合わせレンズ接着部に曇りが発生している個体がほとんどのようで、自分のレンズも目視では良く判りませんが、見る人が見たら「クモリ」レンズなのかも知れません。でも自分はこのレンズはそのデザインを買っているので良いのです。

PENTAX K-01 / ULTRON 40mm F2 SL

絞り開放F2。なんだかLomoダゲレオタイプ64mm顔負けのフワフワ描写ですw。

ほんとに非球面レンズ採用?と思いました。

PENTAX K-01 / ULTRON 40mm F2 SL

まあ少し絞ると普通な感じにはなります。F4くらいか。

PENTAX K-01 / ULTRON 40mm F2 SL

冬なのにオキザリスが咲いていました。F5.6くらい。ごくごく真っ当な写りになりますね。F2のフワフワ具合はどうかとしてもF5.6~F11くらいの範囲でスナップ的に使うのが適したレンズかなという印象でした。

兎に角、K-01ってミラーレスでかつEVF無し、屋外で見えにくい、MF時に合焦音鳴らない、判りにくいピークフォーカス表示。とMFレンズとの組み合わせ最悪なので尚更でしたね。

PENTAX K-01 / ULTRON 40mm F2 SL

これは絞りF4前後だったような記憶です。まだ若干甘い描写です。それともフォーカスがちゃんと合っていないのかな?明るい屋外だとヤマカンフォーカスになります。

PENTAX K-01 / ULTRON 40mm F2 SL

F5.6くらい。だいぶ合焦面はシャキッとします。

PENTAX K-01 / ULTRON 40mm F2 SL

F8かF11くらい。ここまで絞れば大体普通のレンズでは解像良しです。

「F2」は伊達ですねw。このレンズの2世代後となる現行型は同じレンズ構成でAuto Nikkorの外観を完コピしたFマウントモデルなんですが、その写りを見たいような、でも見ると見なきゃ良かったと思うだろな、とか逡巡しています。いずれにしてもこのレンズのデザインは唯一無二でもう世には出ないだろう貴重なものと思います。